FC2ブログ


   FX投資入門
   FX初心者向けに、FX投資に必要な情報をお伝えします
  >> ホーム
  >> RSS1.0
フリーエリア

お気に入り

最近の記事

月別アーカイブ

RSSリンク

ブックマークに追加する

QRコード

QR

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 FXの差金決済とは
FXの差金決済での取引とはどんな取引なのでしょうか?

外貨預金の場合は1万ドルを買おうとすると、1ドル110円の場合なら、110万円が必要になります。
しかし、FXであれば、証拠金を5万円程度預けておきますと、1万ドル(110万円)の取引が可能になります。これは、前にも説明しましたとおり、FXが「売りと買いの差額(差金)しか決済しない」という特徴を持っているからです。

例をあげましょう、5万円を預け、100万円分の信用取引口座を用意してもらい、その金額で5000ドルを勝ったとしましょう。(1ドル110円とすると、55万円分使った事になります)こうしてドルを買う事を「ドル円で、5000ドルの買いポジションを持つ」と言います。
(「ドル円で」というのは、通貨の組み合わせです。ドルとユーロの組み合わせなどもあります。また、買いポジションというのは、「買っている状態」という意味です。現金で1万ドルを持っている訳ではないので、「買っている状態」と言います)


この5000ドルの買いポジションを持った後、1ドルが112円になったとします。
すると、5000ドル×112円=56万円です。持っている資産(買いポジション)が、ドル円の変動によって、1万円の利益を生みました。
ここで満足してドルを売ることで、買いポジションを解除し、「56万円ー55万円=1万円」という、差額1万円が振り込まれるのです。
スポンサーサイト

テーマ:外貨FX - ジャンル:ファイナンス

FX | 固定リンク
(2009/09/15(火) 21:43)

copyright © 2005 FX投資入門 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。